マンションを売却しても住み続ける

マンションを売却したらすぐに引っ越しをしなくてはと思っていませんか?実はマンションを売却した後もリースバックという方法を使って住み続ける事は可能なのです。そこで、リースバックとはどういうシステムなのか、リースバックを利用した事で感じるメリットやデメリットを紹介します。マンションを売却した時の参考にしてください。 

『ボロボロのマンションでも売却できる理由を教えます』

マンションを売却しても住み続ける方法

まとまったお金が急遽必要になった時には、マンションの売却を考える人も多いと思います。ですが、売却をしたら慣れ親しんだマンションから引っ越さなくてはなりません。お子さんがいれば転校も考える必要がありますし、生活環境がガラリと変わってしまいます。

そのため、できたら引っ越しはしたくないという人もいるでしょう。そんな時にはリースバックを利用するのはいかがでしょうか。リースバックというのは、マンションを売却しても住み続ける事ができる方法です。リースバックの正式な名前はセールアンドリースバックといって、賃貸借契約付売却の事です。

不動産屋などに売却した後に賃貸契約を結び、賃貸としてマンションを借りるという事です。売却をしても賃貸として住み続ける事ができるというのは、こうした仕組みがあるからなのです。

リースバックのメリット

リースバックを行うメリットは、愛着のあるマンションに住み続けながら売却代金を受けとる事ができるという事です。マンションを売却する時に悩むのが引っ越しです。長年暮らしてきた家には愛着を感じますし、近所にできた友人と別れるのも辛いですよね。

リースバックを使えばマンションを売却した後にも住み続ける事ができるので、住所変更などの面倒な手続きをする事がありません。それでいて売却したお金を受けとる事ができるのですから、今すぐまとまった大きな金額が必要だという時には助かります。

その上、固定資産税を払わなくても良いので家計の負担が減って助かります。また、売却した事を周囲に知られたくないという人もいるかもしれません。リースバックは周囲に知られる事はないので安心です。そして、さらに嬉しいメリットは将来的には買戻す事ができるという事です。

通常のケースでは1度売却したマンションを買い戻すという事は不可能に近い事ですが、リースバックを利用して住み続けていれば、買戻すチャンスが巡ってくる可能性もあるのです。ですが、 この時に注意しなくてはならないのが買戻しには期限か決まっているという事です。

期限内にお金を用意する事ができなければ買い戻す事はできません。その他にも、もう1つ注意したいのが買戻しの時の金額です。売却した時よりも高くなっている可能性があるので、諦めなくてはならない事もあります。このように、必ず買戻しができる訳ではないので注意が必要です。

リースバックのデメリット

リースバックのデメリットは、当然ですが所有権を失うという事です。マンションに変わらず住み続ける事ができると、つい忘れがちになるのですが、所有権は既に不動産屋に移行しています。そのため、売却した後は不動産屋と定期借家契約を結ぶのですが、万が一、不動産屋に退去を命じられたらマンションを明け渡さなくてはなりません。

ですから、最初に、どのような契約なのかきちんと確認をとっておく事が大切です。また、賃料も払う事になるのもデメリットです。家賃の相場は売却した時の金額で決まるのですから、高く売却出来たと喜んでもいられません。

場合によっては、ローンを払っている時よりも高い賃料を払わなくてはならないケースもあるからです。リースバックを利用する時には賃料はどれくらいなのか、交渉は可能なのかをよく話し合ってから決めましょう。そして、リースバックにはデメリットがあることも考えておく必要があります。

リースバックの注意点

リースバックは必ず利用する事ができる訳ではありません。例えば、債務越過の場合はリースバックが難しい可能性が高くなります。債務越過というのは、売却後もまだローンが残っている場合です。この場合は融資先の銀行から許可を取らなくてはリースバックを利用する事が出来ません。

まずは銀行や不動産屋に相談をして任意売却出来るのかどうかを相談しましょう。ギリギリの状態では判断が難しいので、余裕を持って相談しておく事が大切です。また、必ず買主が見つかるというわけではなく、買主が見つからなければ、当然ですがリースバックを行う事は出来ません。

リースバックを行う時には、立地条件や近隣の住宅事情も考慮して検討する必要があります。そして、リースバックを行う時には買主との信頼関係も大切にしましょう。例えば、買戻しをしたいと考えていても、買主が嫌だと言えば買戻しはできません。

将来的に買戻しを考えている時には、最初に買戻しの意志がある事を伝えておきましょう。最初に伝えておく事で、互いに話し合う事ができるので、後でトラブルになる可能性はかなり低くなります。

リースバックを利用する方法

リースバックを利用したい時には、リースバックが利用できる不動産屋を調べる事から始めます。気になる不動産屋には直接電話やメールで問い合わせしてみるのが良いでしょう。そして、まずは担当者との面談となります。

その際、築年数やリフォームの有無など、マンションに関する事を詳しく説明します。その後、マンションがどれぐらいの価値なのかを査定してもらいます。すると、買取金額と賃貸料が提示されますので、そのどちらにも満足する事ができたら契約書を交わしましょう。

この時に注意しなくてはいけないのが、急いで結論を出してはいけないということです。マンションを売却してリースバックする事を考えているなら、あらゆる不動産屋に意見を聞いて決める事が大切です。また、マンションを売却する事は、とてもデリケートな問題を抱えている場合も多いので、まずはリースバックに詳しい不動産屋に相談をしてリースバックを利用する事が適しているかどうかを冷静に考える必要があります。

大切な事は、リースバックを利用する事により、今の生活が好転するかどうかという点です。そして、不動産屋に購入をしてもらう時にはどの業者が良いのかを事前に調べておく必要があります。例えば、あまりにも結論を急かすような業者の場合はすぐに契約をしないで他の業者を調べてから決めましょう。